チャイカブログ

チャイカのブログです。

リンクフリーですが、引用の範囲を超えた記事の転載はお断りします。

政治からゲームまで幅広い話題を提供してます。
・安倍自民党支持
・J-NSC会員
・元水ピン隊

my GAMECITY
 遊べるSNS「my GAMECITY」の私のページです。
 プレミアム会員です♪

my Portfolio
 好きな画像を集めてみました!

「信長の野望」 30周年記念歴代タイトル全集
信長の野望・創造 PS3 Windows
信長の野望・創造 30周年記念TREASURE BOX PS3 Windows
Twitter

スター・ウィークバナー
本サイトは「スター・ウィーク2013」に協賛しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3DSのソフトケース

手持ちの3DSソフトが増えてきたのでまとめて収納できるケースを買いました。

3ds.jpg
↑ニンテンドー3DSのブラウザでクリックすると無駄に3Dで見れます♪

既存のDSソフトやSDカードも収納できるのがいいですね。
スポンサーサイト

「戦国無双 Chronicle」レビュー

ニンテンドー3DSと戦国無双 Chronicleの発売から3ヶ月。

今更ですが戦国無双の方のレビューを書いちゃうね♪

ニンテンドー3DS アクアブルー



ニンテンドー3DS コスモブラック



戦国無双 Chronicle






今までの無双シリーズでは1人の武将で1つのステージを戦いきるスタイルでした。

戦国無双 Chronicleでの違いは、まず主人公キャラがいること。

それから一つの戦場で複数の武将を交代で使えること。

そこが大きな違いですね。



まずは主人公キャラがいることですが、戦闘開始前や戦闘後に他の武将と絡むシーンがあって、友好度が上がるとクリア済みの戦場でその武将が使えるようになります♪

また友好度が最高まで上がるとその武将の武器を主人公キャラも使えるようになるので、遊びの幅が広がります。

キャラクターの切替はタッチスクリーンを使うことでいつでも可能なんです。

他のキャラクターには移動などの指示が出せるので、移動中は他のキャラクターで戦うことによって、常に戦い続けることも!

携帯機なのでさすがにテレビでやる時のようにワラワラと敵兵が出てくることはないですが、3DSだからこそ出来るこういう要素が新鮮です。



Chronicleと銘打ってるだけあって、シナリオは年代を追っていく形式。

いろいろな戦場に主人公キャラが参戦していく感じですね。

ほとんどの戦場には史実で関係した(操作できる)武将が選べたり、敵方として登場します。

一部ゲーム内オリジナルの設定の部分があるので、そこは勘違いしないように注意がいるかな。

本編の他に配信シナリオでオリジナルストーリーのステージも遊べます。

クリア後も新しいシナリオがくるとまた遊べるのでいいですね♪



すれ違い通信にも対応していて自動で戦闘するミニゲームが楽しめます。

また武器の配信も出来るのです。

私も強い武器(もらい物ですがw)を配信しています♪

いろんな人とすれ違うのも楽しみですね。



3DSの最初の一本としてもお勧めできるタイトルです♪

基本ボタンを連打するだけでも遊べるので、誰にでも遊べるのがいいですね。

ニンテンドー3DS セカンドレビュー

戦国無双クロニクルをとりあえずクリアして、また新しくなったすれ違い通信も試してみました。



まずはすれ違い通信から。

今回は一度に12本のソフトのすれ違いが同時に出来ます♪

今までのDSだとドラクエ9やポケモンなどの人気ソフトではすれ違い出来ましたが、それ以外のソフトではなかなかすれ違えませんでした。

でも3DSなら本体にソフトを差さないでもすれ違い出来るので、少しマイナーなソフトでもすれ違える可能性が大幅に増すだろうなと思います。

また本体内蔵ソフト2本でもすれ違い出来るので、同じソフトを持ってなくても楽しめます。

それとソフト1本で本体が複数あれば、1本のソフトでもすれ違えます。

(未確認ですがセーブデータが同じだとひょっとするとだめかもしれません)

本体内蔵のすれ違いMii広場だけでもいろいろ楽しめるようになっているので、敷居が低いのもいいですね。



続いて同時購入した戦国無双クロニクルについて。

最初のプレーでは固定したキャラクターで年代を追いつつ進めていくのですが、仲良くなった武将はクリア済みの戦場で使用できるようになるので、お気に入りの武将と如何に仲良くなるかってのがちょっと面白いかな。

基本的にステージクリア後の会話イベントで仲良くなるんですが、選んだコマンドにより友好度が上がったりするのでその武将のことを知っているとちょっと有利かな。

年代順に進む戦場の中には史実では敗北したところで勝利に導くような物もあるんですが、勝った場合のIFシナリオとかあれば良かったんじゃないかなとは思います。

携帯機と言うこともあり敵兵の数は少ない感じ。

でもキャラクターを切り替えれるので、常に多くの敵と戦うことが出来るのはいいですね。

移動の手間が省けるので。



今は持ってるソフトが一本なのでまだまだ3DSの魅力の一端に触れただけのような感じかな。

今後発売のソフトにも期待です!

ニンテンドー3DS ファーストレビュー

今日発売の「ニンテンドー3DS」を早速入手したよ♪

私が入手したのはアクアブルーです。

同時購入したソフトはコーエーテクモゲームスの「戦国無双クロニクル」です。




多くの人が気になるのは3Dの立体感かな?

戦国無双を遊んだ感じでは、よく言われるように奥行きが深く感じられました。

でも画面に表示されるミッションなどの指示などは浮かび上がった感じに見えます。

他の画面、例えば戦国無双のゲーム中のロード画面や本体のメニューなどでは結構立体的に感じれます。

ただ、ちょっと3DSの角度がずれる(=正面以外から見る)と、二重に見えます。

場合によっては3Dを切ったり、強弱つけたりするといいかもしれませんね。

そういう意味もいつでも3Dの度合いを操作できるところがいいですね。



まだちょこっと触っただけですので、引き続き遊んでみてまた感想書きますね。

Top

HOME

このブログをリンクに追加する


現在の閲覧者数:

QR

マウスカーソルを合わせてね
詳しい遊び方・隠し要素の説明

FC2BLOG
自由民主党
日本ブルーリボンの会
三國志Battlefield

・ 「三國志Battlefield」に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。
・ このホームページに掲載している「三國志Battlefield」の画像は「三國志Battlefield」のアカウントを登録されたユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
・ その他このブログに記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。