チャイカブログ

チャイカのブログです。

リンクフリーですが、引用の範囲を超えた記事の転載はお断りします。

政治からゲームまで幅広い話題を提供してます。
・安倍自民党支持
・J-NSC会員
・元水ピン隊

my GAMECITY
 遊べるSNS「my GAMECITY」の私のページです。
 プレミアム会員です♪

my Portfolio
 好きな画像を集めてみました!

「信長の野望」 30周年記念歴代タイトル全集
信長の野望・創造 PS3 Windows
信長の野望・創造 30周年記念TREASURE BOX PS3 Windows
Twitter

スター・ウィークバナー
本サイトは「スター・ウィーク2013」に協賛しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「没後400年 特別展覧会 長谷川等伯」へ行ってきました

当ブログで何度かご紹介した「没後400年 特別展覧会 長谷川等伯」(京都国立博物館)に行ってきました。

P1000307s.jpg

9時30分からの開場ですが、20分前に着いたにも関わらず既にすごい行列が出来てました。

入れたのは45分頃でしたが、後ろにはもっと列が伸びてました。

すごい人気です。



中に入ると入り口付近は人が多くてじっくり見ることが難しかったのですが、中程からはじっくり見ることが出来ました。

最初は仏教画や日蓮宗関連の人物画などが多かったです。

達磨図が印象に残ってます。



そして人物画のコーナーへ。

まず伝名和長年像。

って時代ちゃうやん。

名和長年公は鎌倉末期~建武新政期に活躍された方ですね。

伝って付いてるのは、そうではないかと伝わってるって事で実際には同時代の誰かである可能性が高そうです。

次は・・・稲葉一鉄像。

頑固一徹の語源となった(なんで鉄じゃなくて徹なのか納得いかない)稲葉一鉄公。

斎藤家の美濃三人衆から信長公、秀吉公に仕えられた老将です。

始めて肖像画を拝見しました。

面長ですごく太い眉毛が印象的です。

あと千利休像。

こちらはお馴染みです。



終盤は狩野派を思わせるような金碧画、そして水墨画の大作が展示されていました。

同時代の狩野永徳の絵からは豪快さを感じたのですが、等伯は対照的に繊細な感じかな。

中でも気に入ったのが枯木猿猴図のお猿さん。

F1000077s.jpg
(公式図録より)

この写真(図録)じゃわかりにくいけど、実物はすごくかわいらしかったよ。

案の定というべきか出口付近のグッズコーナーでは、このお猿さんのグッズもたくさんありました。

この後観光に行くので図録以外には買わなかったのですが、買っとけば良かったかなぁ。



ところで買った図録ずっしりと重くて見るのにはいいんですが、持ち歩くのは大変でした。

その話はまた後日。
スポンサーサイト

没後400年 特別展覧会 長谷川等伯

平成19年に開催された京都国立博物館の「特別展覧会 狩野永徳」から三年。

あの時出口で見た3年後にまたお会いしましょうと告知されてたのが長谷川等伯展でした。

いよいよ今年じゃないかと思い調べてみると、4月10日~5月9日まで(5月3日のぞく月曜休館)開催されるようです。

 没後400年 特別展覧会 長谷川等伯

東京会場の日程等はリンク先にて)

これは是が否でも行かなくては。

滅多にないチャンスやものね。



狩野永徳展の時は洛中洛外図屏風(上杉本)の前が人でいっぱいであんまりよく見れなくて悔しかったので、今度は朝早くに行かないとね。

唐獅子図屏風と檜図屏風の前は意外と人少なくてじっくり見れたけどね。

あんなにじっくり見たのは正倉院展の蘭奢待以来ってぐらいにね。



ほんと今から楽しみです。

ついでなので京都観光も出来たらと思ってます。

近郊の方、是非等伯の絵を見にいってくださいね。

私が行く日以外の日にお願いします(ぉぃ

史上最大級の戦国イベント開催決定!

コーエーのGAMECITYにて「史上最大級の戦国イベント開催決定!」ってリリースが出て、ディザーサイトが公開されてます。

 史上最大級の戦国イベント開催決定!

ディザーサイトの掲載内容は、

巨大アリーナ空間が”戦国時代”に!

戦国の熱狂を体験せよ!

史上最大級の戦国イベント開催!
1月7日 すべてが明らかに!


と言うことなので詳細は1月7日まで待たなあかんね。



巨大アリーナってどこやろ?

イベントの内容も気になるね。

ネオロマンスイベントの戦国版でなかったらいいけどw

戦国文化史検定?!

戦国文化史検定ってのが出来たらしいね。

これって私に対する挑戦状?

受験しなければと思ったけれど・・・。



戦国文化史検定



受験者全員にBASARAストラップ?

いらねぇよ!


出題内容は「真田幸村と大坂の陣」(学研)、 「戦国合戦入門」(学研)、その他戦国時代問題を出題?

曖昧すぎる!!

まずここで言う戦国時代を定義しないと。


4択100問で上級90点以上、中級70点~89点、初級50点~69点ねぇ。

問題例は・・・。

こんなの戦国マニアの私でも知らんのあるし、徳川家光は戦国関係ないやろ!!!

そもそも文化史じゃないし。


大阪会場の住所「〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-7-3 TKPタワー」。

東京まで行けと言うのか・・・。

(リンク先見れば会場わかるけど)


同時開催「大坂夏の陣東西決戦」?

受験者が東西に分かれ属した軍の得点加算し総合得点競って、勝ったら記念品プレゼント、参加料1050円?

ただの商売か


どう見ても歴女な方相手の検定やけど、問題レベル高すぎ。

例題が出題されるって書いてるけど全部出るって事?

それじゃ検定の意味すらない!!!!


ここまで見てきて受験資格が「戦国時代、戦国武将に興味のある方ならどなたでも参加可能です。」っていうの絶対おかしいやろ。

ぜぇぜぇ。

突っ込みどころ満載過ぎるよ。

何でもかんでも商売にするのはええ加減にして欲しいわ。

洛中洛外図屏風

今日の放送で出てた洛中洛外図屏風(上杉本)、一昨年の狩野永徳展で実物を見ることが出来たよ。

米沢まで行かずに見れたのは凄く幸運でしたが、人がいっぱいいてあまりじっくり見れなかったのが残念でした。

逆に唐獅子図屏風と檜図屏風はよく見れてんだけどねぇ。

この絵は信長から謙信に送られたので、信長が狩野永徳に描かせたものかと思ってましたが、実際はそれ以前に描かれた物らしいですね。

もう一度じっくり見る機会が欲しいなぁ。

でも米沢はすぐ行ける距離じゃないのが残念。

Top|Next »

HOME

このブログをリンクに追加する


現在の閲覧者数:

QR

マウスカーソルを合わせてね
詳しい遊び方・隠し要素の説明

FC2BLOG
自由民主党
日本ブルーリボンの会
三國志Battlefield

・ 「三國志Battlefield」に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。
・ このホームページに掲載している「三國志Battlefield」の画像は「三國志Battlefield」のアカウントを登録されたユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
・ その他このブログに記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。